ホーム

お知らせ

2018/6/8
平成30年度UVSORシンポジウムは11月10(土)ー11日(日)に開催予定です。皆様多数ご参加くださいますようお願いいたします。詳細は後日掲載いたします。。
2018/5/10
平成30年度(後期(平成30年10月1日~平成31年3月31日))共同利用研究(UVSOR施設利用含む)の公募が開始されました。webシステムを利用した電子申請となっております。分子研ホームページをご覧ください。 申請締切6月29日(金)17:00まで
2018/4/4
小杉信博先生が高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所長に転出されたのに伴いUVSOR施設長は解良聡先生が就任されました。皆様よろしくお願いいたします。また、長年UVSORを支えていただきました蓮本技術職員が定年されました。ありがとうございました。このことに伴いビームライン担当者に若干変更となります。
主任研究員として松井文彦先生が着任されました。よろしくお願いいたします。
2018/2/22
平成30年度岡崎共同利用研究者宿泊施設前期分(平成30年4月1日~平成30年9月30日)短期予約受付の開始について
予約受付開始日時は平成30年3月1日(木)10時からとなっております。マシンタイムが決まられましたら早めの予約をお勧め致します。ロッジ予約システムはこちらから
なお、一部期間においては各研究所事業による事前予約が入っているため、ロッジの空き室が少なくなっております。
2018/1/15
UVSOR Activity Report 2017のWEB受付をオープンしました。ユーザーの皆様におかれましては奮ってご寄稿をお願いいたします。詳しくはこちらのUVSOR Activity Report 2017 案内をご覧ください。 締切は3月31日(土)です。
2017/12/22
UVSOR Activity Report 2017のWEB受付を準備中です。1月15日(月)よりオープンする予定です。ユーザーの皆様におかれましてはご寄稿の準備をお願いいたします。詳しくはこちらのUVSOR Activity Report 2017 案内をご覧ください。 締切は3月31日(土)です。
2017/10/23
平成30年度(通年・前期)共同利用研究(UVSOR施設利用含む)の公募が開始されました。webシステムを利用した電子申請となっております。分子研ホームページをご覧ください。 申請締切12月8日(金)17:00まで
 
 

過去のお知らせ一覧

最近の研究成果

2018/8/15
東京大学岡林グループのBL4Bを利用した研究結果です。
J. Okabayashi, Y. Miura and H. Munekata
"Anatomy of Interfacial Spin-orbit Coupling in Co/Pd Multilayers Using X-ray Magnetic Circular Dichroism and First-principles Calculations", Scientific Reports, 8 (2018) 8303.
2018/8/15
東京大学岡林グループのBL4Bを利用した研究結果です。
J. Okabayashi, S. Miyasaka, M. Takahashi and S. Tajima,
"Local Electronic and Magnetic Properties of Ferro-orbital-ordered FeV2O4", Jpn. J. Appl. Phys. (Selected Topics in Applied Physics), 57 (2018) 0902BD .
2018/7/31
山形大学北浦グループのBL6Bを利用した研究結果です。
M. Kitaura, S. Watanabe, K. Kamada, K. J. Kim, M. Yoshino, S. Kurosawa, T. Yagihashi, A. Ohnishi and K. Hara
"Shallow Electron Traps Formed by Gd2+ Ions Adjacent to Oxygen Vacancies in Cerium-doped Gd3Al2Ga3O12 Crystal", Appl. Phys. Let., 113 (2018) 041906.
2018/7/25
解良グループのBL5U, 7Uを利用した研究結果です。
J.-P. Yang, M. Meissner, T. Yamaguchi, X.-Y. Zhang, T. Ueba, L.-W. Cheng, S. Ideta, K. Tanaka, X.-H. Zeng, N. Ueno and S. Kera
"Band Dispersion and Hole Effective Mass of Methylammonium Lead Iodide Perovskite", Sol. RRL, 2 (7) (2018) 1800132.
2018/7/25
東海大学伊藤グループのBL4Uを利用した研究結果です。
K Shinohara, T Ohigashi, S Tone, M Kado and A Ito
"Quantitative Analysis of Mammalian Chromosome by Scanning Transmission Soft X-ray Microscopy", Ultramicroscopy, 194 (2018) 1.
2018/7/20
京都大学上田グループのBL3Bを利用した研究結果です。
K. Asami, J. Ueda, K. Yasuda, K. Hongo, R. Maezono, M. G. Brik and S. Tanabe
"Development of Persistent Phosphor of Eu2+ Doped Ba2SiO4 by Er3+ Codoping Based on Vacuum Referred Binding Energy Diagram", Opt. Mater., 84 (2018) 436.
2018/7/17
UVSOR加藤グループのBL1Uを利用した研究成果です。
S. Matsuba, K. Kawase, A. Miyamoto, S. Sasaki, M. Fujimoto, T. Konomi, N. Yamamoto, M. Hosaka and Masahiro Katoh
"Generation of Vector Beam with Tandem Helical Undulators", Appl. Phys. Lett., 113 (2018) 021106.
2018/7/10
大阪大学木村グループのBL6Bを利用した研究成果です。
S. Kamei, J. Hibi, Y. Ohtsubo, H. Watanabe and S. Kimura
"Infrared Evaluation of Enantiometric Amount and Application to Racemization at the Interface Between L- and D-Alanine", Appl. Spectrosc., 72(7)(2018) 1074.
2018/6/13
加藤グループの研究成果です。
Y. Taira and M. Katoh
"Generation of Optical Vortices by Nonlinear Inverse Thomson Scattering at Arbitrary Angle Interactions", ASTROPH J., 860:45 (2018) 1.
2018/6/11
立教大学枝元グループのBL5Uを利用した研究成果です。
Y. Sugizaki, H. Motoyama, K. Edamoto and K. Ozawa
"Electronic Structure of the VO Film on Ag(100): Resonant Photoelectron Spectroscopy Study", e-j. Surf. Sci. and Nanotech., 16 (2018) 236.
2018/6/8
小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
M. Nagasaka, H. Yuzawa and N. Kosugi
"Intermolecular Interactions of Pyridine in Liquid Phase and Aqueous Solution Studied by Soft X-ray Absorption Spectroscopy", Z. Phys. Chem. 232 (2018) 705.
2018/6/4
河相グループのBL3Bを利用した研究成果です。
T. Kawai, T. Hirai and K. Bando
"Optical Studies on the Conversion from Ag+ to Ag- Centers by the Electrolytic Coloration in NaCl and KCl Crystals", Opt. Materi. 77 (2018) 30.
2018/5/21
PongグループのBL4U, 4Bを利用した研究成果です。
Y. F. Wang, Y. C. Shao, S. H. Hsieh, Y. K. Chang, P. H. Yeh, H. C. Hsueh, J. W. Chiou, H. T. Wang, S. C. Ray, H. M. Tsai, C. W. Pao, C. H. Chen, H. J. Lin, J. F. Lee, C. T. Wu, J. J. Wu, Y. M. Chang, K. Asokan, K. H. Chae, T. Ohigashi, Y. Takagi, T. Yokoyama, N. Kosugi and W. F. Pong
"Origin of Magnetic Properties in Carbon Implanted ZnO Nanowires", Scientific Reports 8, Article number: 7758 (2018).
2018/4/23
小杉グループのBL6Uを利用した研究成果です。
H. Yamane, A. Carlier and N. Kosugi
"Orbital-Specific Electronic Interaction in Crystalline Films of Iron Phthalocyanine Grown on Au(111) Probed by Angle-Resolved Photoemission Spectroscopy" ,Mater. Chem. Front., 2 (2018) 609.
2018/4/11
上田グループのBL3Bを利用した研究成果です。
K. Asami, J. Ueda, M. Kitaura and S. Tanabe
"Investigation of Luminescence Quenching and Persistent Luminescence in Ce3+ Doped (Gd,Y)3(Al,Ga)5O12 Garnet Using Vacuum Referred Binding Energy Diagram", J. Lumin., 198 (2018) 418.
2018/3/30
小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
M. Nagasaka, T. Ohigashi and N.Kosugi
"Development of In-Situ/Operando Sample Cells for Soft X-ray Transmission Spectromicroscopy at UVSOR-III Synchrotron", SRN, 30(2) (2017) 3.
2018/3/30
小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
M. Nagasaka, H. Yuzawa, T. Horigome, N. Kosugi
"Reliable Absorbance Measurement of Liquid Samples in Soft X-Rayabsorption Spectroscopy in Transmission Mode", J. Electron Spectrosc Relat. Phenom., 224 (2018) 93.
2018/3/30
小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
M. Yoshida, Y. Mitsutomi, T. Mineo, M. Nagasaka, H. Yuzawa, N. Kosugi and H. Kondoh
"Direct Observation of Active Nickel Oxide Cluster in Nickel−Borate Electrocatalyst for Water Oxidation by In Situ O K-edge X-ray Absorption Spectroscopy", J. Phys. Chem. C, 119 (2015) 19279.
2018/3/30
小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
T. Brandenburg, R. Golnak, M. Nagasaka, K. Atak, S. S. N. Lalithambika, N. Kosugi and E. F. Aziz
"Impacts of Conformational Geometries in Fluorinated Alkanes", Sci. Rep., 6 (2016) 31382.
2018/3/30
小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
T. Petit, L. Puskar, T. Dolenko, S. Choudhury, E. Ritter, S. Burikov, K. Laptinskiy, Q. Brustowski, U. Schade, H. Yuzawa, M. Nagasaka, N. Kosugi, M. Kurzyp, A. Venerosy, H. Girard, J.-C. Arnault, E. Osawa, N. Nunn, O. Shenderova and E. F. Aziz
"Unusual Water Hydrogen Bond Network around Hydrogenated Nanodiamonds", J. Phys. Chem. C, 121 (2017) 5185.
2018/3/26
大阪大学木村グループのBL7Bを利用した研究成果です。
S. Kimura, H. Yokoyama, H. Watanabe, J. Sichelschmidt, V. Suss, M. Schmidt and C. Felser
"Optical signature of Weyl electronic structures in tantalum pnictides TaPn (Pn = P, As)", Phys. Rev. B 96, (2017) 075119.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
D. Nakauchi, G. Okada, M. Koshimizu, N. Kawaguchi and T. Yanagida
"Radioluminescence and Thermally-Stimulated Luminescence Properties of Pr:CaSiO3 Crystals", Physica B, 530 (2018) 38.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
N. Kawano, M. Koshimizu, G. Okada, Y. Fujimoto, N. Kawaguchi, T. Yanagida and K. Asai
"Luminescence Properties of Organic Inorganic Layered Perovskite-type Compounds under Vacuum Ultraviolet Irradiation", Jpn. J. Appl. Phys., 57 (2018) 02CA03.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
T. Yanagida, M. Koshimizu, N. Kawano, G. Okada and N. Kawaguchi
"Optical and Scintillation Properties of ScAlMgO4 Crystal Grown by the Floating Zone Method", Mater. Res. Bull., 95 (2017) 409.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
T. Yanagida, Y. Fujimoto, M. Koshimizu, N. Kumamoto, G. Okada and N. Kawaguchi
"Scintillation and Dosimeter Properties of LiAlSi2O6 and LiAlSi4O10 Crystals", J. Sensors and Materials, 29 (2017) 1399.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
T. Yanagida, Y. Fujimoto, M. Koshimizu, N. Kawano, G. Okada and N. Kawaguchiv
"Comparative Studies of Optical and Scintillation Properties between LiGaO2 and LiAlO2 Crystals", J. Phys. Soc. Jpn., 86 (2017) 094201.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
T. Yanagida, M. Koshimizu, Y. Fujimoto, K. Fukuda, K. Watanabe, G. Okada and N. Kawaguchi
"Scintillation Properties of Eu and Alkaline Metal Co-doped LiCaAlF6", J. Lumin., 191 (2017) 22.
2018/2/6
東北大学越水グループのBL7Bを利用した研究成果です。
M. Mori, D. Nakauchi, G. Okada, Y. Fujimoto, N. Kawaguchi, M. Koshimizu and T. Yanagida
"Scintillation and Optical Properties of Ce3+-doped CaGdAl3O7 Single Crystals", J. Lumin., 186 (2017) 93.
2018/2/2
物質・材料研究機構吉澤グループのBL4Bを利用した研究成果です。
S. Yoshizawa, E. Minamitani, S. Vijayaraghavan, P. Mishra, Y. Takagi, T. Yokoyama, H. Oba, J. Nitta, K. Sakamoto, S. Watanabe, T. Nakayama and T. Uchihashi
"Controlled Modification of Superconductivity in Epitaxial Atomic Layer-Organic Molecule Heterostructures", Nano Lett. 17 (2017) 2287.

研究成果一覧

利用案内

UVSORの利用について 共同利用公募要項 共同利用web申請 各種書類ダウンロード
UVSOR施設民間企業有償利用 ロッジ予約システム ガイドブック 施設利用注意事項
ページの先頭へ戻る