ホーム

お知らせ

2016/8/19
平成28年度岡崎共同利用研究者宿泊施設後期分(平成28年10月1日~平成29年3月31日)短期予約受付の開始について
予約受付開始日時は平成28年8月25日(木)10時からとなっております。後期は研究会等で大変混み合います。マシンタイムが決まられましたら早めの予約をお勧め致します。ロッジ予約システムはこちらから
2016/8/8
今年度UVSORシンポジウムの参加申込受付を開始しました。 下記URLから登録をお願い致します。
URL: http://registration.ims.ac.jp/UVSORSympo2016/
皆様どうぞ奮ってご参加ください。
開催日:平成28年10月29日(土)-30日(日
申込締切日:平成28年9月30日(金)
2016/6/22
今年度UVSORシンポジウムは平成28年10月29日(土)-30日(日)に開催されます。詳細については8月末ホームページに掲載予定です。ご参加よろしくお願い致します。
 
 

過去のお知らせ一覧

トピックス

2016/09/07
[プレスリリース] 「トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見」 (阪大 木村教授ら)
2016/06/7
[受賞] 長坂将成助教が平成28年度分子科学研究奨励森野基金を受賞。
2016/01/19
[受賞] 小杉信博施設長第68回日本化学会賞を受賞。
2015/12/07
[プレスリリース] 「次世代デバイス開発の扉を開く電子構造を発見~トポロジカルな舞台での「強相関スピントロニクス」時代の幕開けへ~」 (東大 近藤准教授ら)
2015/12/07
[プレスリリース] 一次元での電子の振る舞いを固体表面で実証~次世代半導体デバイスにおける極微金属ナノ配線の性質の予測に道~(阪大 大坪助教ら)
2015/09/04
[プレスリリース] ビスマス薄膜が半導体に変わることを実証 -次世代高速デバイスの有力材料に浮上-(東工大 平原准教授ら)
2014/12/24
[プレスリリース] SACLAを用いた固体の光電子スペクトルの時間分解計測に成功 -界面の電荷移動現象や動作中の半導体の電子状態の観察が可能に-(松波助教ら)
2014/09/10
[受賞] 山根宏之助教が第7回(2014年度)分子科学会 奨励賞を受賞
2014/08/28
[受賞] 第11回日本加速器学会年会年会賞(ポスター部門)をUVSOR特別共同利用研究員, 稲垣利樹さん(名古屋大学大学院工学研究科)が受賞しました。
2013/10/25
[プレスリリース] 原子の集団振動で電子が散乱する現象の直接観察に成功 超伝導物質・超高速デバイスなどの新機能材料開発に貢献(大阪大学田中慎一郎准教授、木村真一教授グループ)
2013/09/10
[受賞] 第10回日本加速器学会年会年会賞(ポスター部門)をUVSOR特別共同利用研究員, 梶浦陽平さん(名古屋大学大学院工学研究科)が受賞しました。
2013/09/03
[プレスリリース] 有機デバイスの中をゆっくり動くホールの性質を解明(小杉グループ山根助教)

トピックス一覧

最近の研究成果

2016/09/07
大阪大学木村グループのBL7Uを利用した研究成果です。
K. Hagiwara, Y. Ohtsubo, M. Matsunami, S. Ideta, K. Tanaka, H. Miyazaki, J. E. Rault, P. Le Fèvre, F. Bertran, A. Taleb-Ibrahimi, R. Yukawa, M. Kobayashi, K. Horiba, H. Kumigashira, K. Sumida, T. Okuda, F. Iga, S. Kimura
"Surface Kondo effect and non-trivial metallic state of the Kondo insulator YbB12", Nat. Commun. 7, 12690 (2016).
2016/09/07
NSRRC HsuグループのBL4Uを利用した研究成果です。
Ming-Wei Lin, Kuo-Chin Wang, Jeng-Han Wang, Ming-Hsien Li, Yu-Ling Lai, T. Ohigashi, N. Kosugi, Peter Chen, Der-Hsin Wei, Tzung-Fang Guo and Yao-Jane Hsu
"Improve Hole Collection by Interfacial Chemical Redox Reaction at a Mesoscopic NiO/CH3NH3PbI3 Heterojunction for Efficient Photovoltaic Cells", Adv. Mater. Interface (2016) 1600135.
2016/08/30
大阪大学田中グループのBL7Uを利用した研究成果です。
P. Ayria, S. Tanaka, Ahmad R. T. Nugraha, Mildred S. Dresselhaus and R. Saito
"Phonon-assisted Indirect Transitions in Angle-resolved Photoemission Spectra of Graphite and Graphene", Phys. Rev. B 94 (2016) 075429.
2016/08/10
UVSOR繁政グループのBL6Uを利用した研究成果です。
H.Iwayama, T. Kaneyasu, Y. Hikosaka and E. Shigemasa
"Stability and Dissociation Dynamics of N2++ Ions Following Core Ionization Studied by an Auger-electron–photoion Coincidence Method", J. Chem. Phys. 145 (2016) 034305.
2016/08/08
UVSOR大東グループのBL4Uを利用した研究成果です。
T. Ohigashi, M. Nagasaka, T. Horigome, N. Kosugi, S. M. Rosendahl and A. P. Hitchcock
"Development of In-situ Sample Cells for Scanning Transmission X-ray Microscopy", AIP Conf. Proc. 1741 (2016) 050002.
2016/07/22
大阪大学木村グループのBL6B, 7Bを利用した研究成果です。
S. Kimura, Y. S. Kwon, Y. Matsumoto, H. Aoki and O. Sakai
"Optical Evidence of Itinerant-Localized Crossover of 4f Electrons in Cerium Compounds", J. Phys. Soc. Japan 85 (2016) 083702.
2016/07/12
東北大学黒澤グループのBL3Bを利用した研究成果です。
T. Horiai, S. Kurosawa, R. Murakami, J. Pejchal, A. Yamaji, Y. Shoji, V. I. Chani, Y. Ohashi, K. Kamada, Y. Yokota and A. Yoshikawa
"Crystal Growth and Luminescence Properties of Yb2Si2O7 Infra-red Emission Scintillator", Optical Materials, 58 (2016) 14.
2016/07/12
東北大学高橋グループのBL7Uを利用した研究成果です。
C. X. Trang, Z. Wang, D. Takane, K. Nakayama, S. Souma, T. Sato, T. Takahashi, A. A. Taskin and Y. Ando
"Fermiology of Possible Topological Superconductor Tl0.5Bi2Te3 Derived from Hole-doped Topological Insulator", Phys. Rev. B, 93 (2016) 241103.
2016/06/24
Utrecht University MijerinkグループのBL3Bを利用した研究成果です。
T. Senden, A. Meijerink
"The d-f luminescence of Eu2+, Ce3+ and Yb2+ ions in Cs2MP2O7 (M=Ca2+, Sr2+)", J. Lumi. 177 (2016)254.
2016/06/24
東京理化大学秋津グループのBL1Uを利用した研究成果です。
E. Tsuda, Y. Mitsumoto, K. Takakura1, N. Sunaga, T. Akitsu, T. Konomi and M. Katoh
"Electrochemical Tuning by Polarized UV Light Induced Molecular Orientation of Chiral Salen-type Mn(II) and Co(II) Complexes in an Albumin Matrix", J. Chem. Chem. Eng. 2 (2016) 53.
2016/06/22
京都大学全グループのBL1Uを利用した研究成果です。
H. Zen, Y. Taira, T. Konomi, T. Hayakawa, T. Shizuma, J. Yamazaki, T. Kii, H. Toyokawa, M. Katoh and H. Ohgaki
"Generation of High Energy Gamma-ray by Laser Compton Scattering of 1.94-mm Fiber Laser in UVSOR-III Electron Storage Ring", Energy Procedia 89 (2016) 335.
2016/06/8
山形大学北浦グループのBL6Bを利用した研究成果です。
M. Kitaura, K. Kamada, S. Kurosawa, J. Azuma, A. Ohnishi, A. Yamaji and K. Hara
"Probing Shallow Electron Traps in Cerium-doped Gd3Al2Ga3O12 Scintillators by UV-induced Absorption Spectroscopy", Appl. Phys. Express, 9 (2016) 072602.
2016/05/10
東北大学高橋グループのBL7Uを利用した研究成果です。
S. Souma, Z. Wang, H. Kotaka, T. Sato, K. Nakayama, Y. Tanaka, H. Kimizuka, T. Takahashi, K. Yamauchi, T. Oguchi, K. Segawa and Y. Ando
"Direct Observation of Nonequivalent Fermi-arc States of Opposite Surfaces in the Noncentrosymmetric Weyl Semimetal NbP", Phys. Rev. B, 93 (2016) 161112(R).
2016/04/1
九州シンクロトロン光研究センター金安グループのBL4Bを利用した研究成果です。
T. Kaneyasu, M. Ito, K. Soejima, Y. Hikosaka and E. Shigemasa
"Site-Specific Formation of Metastable OCS2+ Studied by Auger-Electron-Ion Coincidence Method", J. Phys. B, 48 (2015) 125101.
2016/03/29
愛媛大学光延グループのBL4U(STXM)を利用した研究成果です。
S. Mitsunobu, M. Zhu, Y. Takeichi, T. Ohigashi, H. Suga, M. Jinno, H. Makita, M. Sakata, K. Ono, K. Mase and Y. Takahashi
"Direct Detection of Fe(II) in Extracellular Polymeric Substances (EPS) at the Mineral-Microbe Interface in Bacterial Pyrite Leaching", Microbes and Environments, 31 (2016) 63.
2016/03/28
岡山大学宮崎グループのBL2Bを利用した研究成果です。
H. Yagi, T. Miyazaki, S. Okita, T. Zaima, H. Okimoto, N. Izumi, Y. Nakanishi, H. Shinohara and S. Hino
"Ultraviolet photoelectron spectra of Sc3C2@C80", Chem. Phys. Lett., 643 (2015) 98.
2016/03/17
東京工業大学平原グループのBL7Uを利用した研究成果です。
T. Hirahara, T. Shirai, T. Hajiri, M. Matsunami, K. Tanaka, S. Kimura, S. Hasegawa and K. Kobayashi
"Role of Quantum and Surface-State Effects in the Bulk Fermi-Level Position of Ultrathin Bi Films", Phys. Rev. Lett., 115 (2015) 106803.
2016/03/17
埼玉工業大学河相グループのBL5Uを利用した研究成果です。
M. Aitani, Y. Sakamoto, T. Hirahara, M. Yamada, H. Miyazaki, M. Matsunami, S. Kimura and S. Hasegawa
"Fermi-Level Tuning of Topological Insulator Thin Films", Jpn. Jour. Appl. Phys., 52 (2013) 110112.
2016/03/15
大阪府立大学河相グループのBL3Bを利用した研究成果です。
A. Iguchi, T. Kawai and K. Mizoguchi
"Energy Transfer between Tl+-type Impurities in NaCl Crystals", Phys. Status Solidi C 13 (2016) 85.
2016/03/15
早稲田大学大木グループのBL3Bを利用した研究成果です。
S. Kaneko, T. Morimoto and Y. Ohki
"Cause of the Appearance of Oxygen Vacancies in Yttria-stabilized Zirconia and Its Relation to 2.8 eV Photoluminescence", Jpn. J. Appl. Phys. 54 (2015) 06GC03.
2016/03/15
早稲田大学大木グループのBL3Bを利用した研究成果です。
T. Inoue, T. Morimoto and Y. Ohki
"Experimental Observations on the Crystalline Structures of YAlO3 Single Crystal at High Temperatures", Appl. Phys. A 119 (2015) 1423.
2016/03/15
早稲田大学大木グループのBL3Bを利用した研究成果です。
M. Harima, T. Morimoto and Y. Ohki
"Structural Change Induced in LaAlO3 by Ion Implantation", IEEJ Trans. 11 (2016) 5.
2016/03/15
早稲田大学大木グループのBL3Bを利用した研究成果です。
T. Morimoto, M. Harima, Y. Horii and Y. Ohki
"Involvement of Crystallinity in Various Luminescent Bands in Yttrium Aluminate", Nucl. Instrum. Meth. B 366 (2016) 198.
2016/02/25
分子研小杉グループのBL3Uを利用した研究成果です。
M. Nagasaka, H. Yuzawa and N. Kosugi
"Development and Application of In Situ/Operando Soft X-ray Transmission Cells to Aqueous Solutions and Catalytic and Electrochemical Reactions", J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom. 200 (2015) 293.
2016/01/25
神戸大学尾崎グループの加速器を利用した研究成果です。
K. Ozaki, S. Aoki, K. Kamada, T. Kosaka, F. Mizutani, E. Shibayama, S. Takahashi, Y. Tateishi, S. Tawa, K. Yamada, H. Kawahara, N. Otsuka and H. Rokujo
"Development of New-type Nuclear Emulsion for a Balloon-borne Emulsion Gamma-ray Telescope Experiment", JINST 10 (2015) 12018.
2016/01/13
名古屋大学伊藤グループ, 分子研木村グループのBL7Uを利用した研究成果です。
T. Hajiri, T. Ito, M. Matsunami, B. H. Min, Y. S. Kwon, K. Kuroki and S. Kimura
"Orbital-Dependent Electron Correlation in LiFeAs Revealed by Angle-resolved Photoemission Spectroscopy", Phys. Rev. B 93 (2016) 024503.
2016/01/04
山形大学北浦グループのBL3B, 8Bを利用した研究成果です。
M. Kitaura, S. Tanaka, M. Itoh, A. Ohnishi, H. Kominami, K. Hara
"Excitation Process of Ce3+ and Eu2+ Ions Doped in SrGa2S4 Crystals Under the Condition of Multiplication of Electronic Excitations ", J. Lumin. 172 (2016) 243.

研究成果一覧

利用案内

UVSORの利用について 共同利用公募要項 共同利用web申請 各種書類ダウンロード
UVSOR施設利用実施報告書 ロッジ予約システム ガイドブック 施設利用注意事項
ページの先頭へ戻る